2009年9月アーカイブ

金属を使用した入れ歯と金属探知器

質問
入れ歯を使用していますが、快適な金属床にすることを考えています。金属床にすると空港での金属探知金にひっかかるでしょうか?

回答
金属探知器はある一定以上の重さの金属に反応するように設定されています。入れ歯に使用する金属の量は非常に少ないので(多くても20グラム前後)、金属探知器にひっかかることはないと思われます。過去にも金属探知器に入れ歯がひっかかったという報告はありません。ベルトのバックルが金属探知器に反応しない事を考えて頂ければよく分かるかと思います。

9月診療日のお知らせ

通常、松木歯科医院は、日曜・祭日・木曜日は休診日ですが、
9月17日
9月24日 の木曜日は通常通り診療致します。よろしくお願いいたします。

粉ミルクについて

この新着情報では、松木歯科医院の休診日やその他、みなさんに役に立つと思われる情報を随時掲載していく予定です。

乳児のむし歯予防について以下の質問がありました。

質問
粉ミルクにはミュータンス菌が分解することのできない乳糖が使われています。ということは、粉ミルクを与えて、寝かしつけてもむし歯にはならないのでしょうか?

回答
1. 粉ミルクの成分として含まれている乳糖はむし歯をつくります。 理由としましてミュータンス菌は乳糖を分解して酸を発生させます。この発生した 酸は歯を脱灰させ、むし歯をつくる原因となるからです。
2. ただ乳糖はショ糖(砂糖)よりも酸の発生は少なく(半分程度)、ショ糖を分解したときのように不溶性グルカンをつくらないため水や唾液で溶けにくいべたべたな状態を発生しないことから、砂糖に比べるとむし歯をつくる可能性は低くはなります。
3. 粉ミルクの成分として以前はショ糖(砂糖)が入っていましたが現在は乳糖が 使用されています。わが国では60%の母親が何らかの形で粉ミルクを利用しています。乳歯むし歯がこの20〜30年で減少した理由の一つとしてこの乳糖と関係があるとも言
われています。
  以上より粉ミルクを寝る前に与えるという方法は砂糖を与えるよりはリスクは少ないけれど むし歯をつくる可能性があります。
  尚、東北大学名誉教授、山田正先生の研究では、牛乳も摂取後お口の中のpHが5以下になる事が確認されております。そのため、夜寝る前に飲むと、睡眠中は唾液の分泌が極端に少なくなるため、むし歯を起こす可能性が高くなります。


このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。